第24回 近畿薬剤師学術大会
第24回 近畿薬剤師学術大会

プログラム

    座長からのここがイチ押し! 見どころ・聴きどころ

    シンポジウムならびに分科会の各座長からのメッセージです。
    見どころ、聴きどころ満載のプログラムを準備しております。

    日程表

特別講演  11:00~12:00(60分)

第1会場

コロナ時代を生きるために~「バカの壁」をもう一度読み返す~
座 長
笠井 秀一 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 会長)
講 師
養老 孟司 (東京大学 名誉教授)

シンポジウム  14:00~17:00(180分)

第4会場

シンポジウムの見どころはこちらから。

生と死をみつめて
座 長
金  啓二  (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)
       (一般社団法人 兵庫県病院薬剤師会 副会長)
講 師
生と死を見つめて〜逝く人に寄り添うスピリチュアルケア〜
玉置 妙憂 (非営利一般社団法人 大慈学苑 代表理事)
講 師
看取りのプロが遺した幸福になるヒント
佐々 涼子 (ノンフィクション作家)
講 師
いのちをめぐる物語
中島 摩子 (神戸新聞報道部 記者)

分科会①  14:00~17:00(180分)

第2会場

分科会①の見どころはこちらから。

薬剤師における医療ICT
「電子処方箋の全貌とそれから見える今後の薬剤師における医療ICTとは」
座 長
鄭 淳太 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 副会長)

特別講演

講 師
医療提供体制の改革下における電子処方箋の本当の意味
奥野 哲朗 (厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課 課長補佐)

パネルディスカッション

講 師
電子処方箋の仕組みの導入と薬局
渡邊 大記 (公益社団法人 日本薬剤師会 常務理事)
講 師
電子処方箋における標準化について
吉村 仁
(一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会 事業企画推進室 室長)
講 師
薬局を取り巻くICTの現状と今後の展望
田中 千尋 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)

分科会②  14:00~17:00(180分)

第3会場

分科会②の見どころはこちらから。

薬薬学連携「薬薬学で進める薬剤師の卒後教育・人材養成」
座 長
池末 裕明 (一般社団法人 兵庫県病院薬剤師会 常任理事)
座 長
碓井 裕恵 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 理事)
講 師
地域連携に関するカリキュラムを取り入れた薬剤師レジデント教育
薩摩 由香里 (神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部 主査)
講 師
保険薬局薬剤師を対象とした長期実務研修の思い~地域連携できる薬剤師をどう育てているのか?
萱野 勇一郎 (大阪府済生会中津病院 薬剤部 薬剤部長)
講 師
「生涯研修認定制度」及び「健康食品領域研修認定薬剤師制度」による薬剤師生涯研修の推進
鎌尾 まや (神戸薬科大学 エクステンションセンター 講師)
講 師
京都府薬剤師会における生涯研修と人財育成の強化
三浦 誠 (一般社団法人 京都府薬剤師会 理事)
講 師
地域医療を支える薬剤師の育成:薬局と病院での相互研修
吉田 太郎 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)

分科会③  14:00~17:00(180分)

第1会場

分科会③の見どころはこちらから。

専門医療機関連携薬局・地域連携薬局

基調講演

座 長
大澤 泰輔 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 副会長)
講 師
改正薬機法の目指す薬局の姿について
磯部 総一郎 (公益社団法人 日本薬剤師会 専務理事)

シンポジウム

専門医療機関連携薬局について
座 長
岡本 禎晃 (一般社団法人兵庫県薬剤会常務理事)
      (一般社団法人兵庫県病院薬剤師会副会長)
講 師
兵庫県病院薬剤師会・兵庫県薬剤師会による外来がん化学療法支援の取り組み
〜先進的薬剤業務特別委員会の設置と活動報告〜
辻井 聡容 (公立豊岡病院組合立 朝来医療センター 薬剤部係長)
講 師
専門医療機関連携薬局をめざして
吉留 実慧子 (祥漢堂薬局崇弾寺店 管理薬剤師)
地域連携薬局について
座 長
藤本 高弘 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)
講 師
健康サポート薬局から地域連携薬局へ!
住谷 庸子 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)
講 師
地域連携薬局に必要な薬局と薬剤師会の関係について
仲谷 尚起 (一般社団法人 奈良県薬剤師会 理事)
講 師
在宅緩和ケアにおける地域連携薬局の関わりについて
野村 太嗣 (うさぎ調剤薬局 浜大津店)

分科会④  14:00~17:00(180分)

第5会場

分科会④の見どころはこちらから。

せまりくる大災害に備えて

基調講演

座 長
安田 理恵子 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 常務理事)
講 師
JMAT発足10年~JMAT兵庫の活動を中心に~
杉町 正光 (一般社団法人 兵庫県医師会 常任理事)

シンポジウム

座 長
石塚 正則 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 理事)
兵庫県のシュミレーション、考え方について
講 師
1.17被災からこれまで
泉 憲政 (一般社団法人 兵庫県薬剤師会 理事)
他職種連携の意義、支援の課題、解決策等について
講 師
南海トラフ地震に備える ~被害想定とその対策~
計倉 浩壽 (兵庫県企画県民部 防災企画局長)
講 師
南海トラフ巨大地震への備え
〜新しい時代の災害支援の取り組みについて〜
松尾 哲也 (一般社団法人 和歌山県薬剤師会 常務理事)
講 師
過去から学び、これからの災害に備えて
小玉 博一(日本赤十字社 神戸赤十字病院 薬剤部 薬剤副部長)
講 師
災害医療チームの役割 -災害支援ナースの活動から-
岸田 智子 (西宮市立中央病院)

口頭発表

口頭発表①  11:00~12:00(60分)

第2会場

在宅医療、薬薬連携、地域医療
座長
岡村 武(一般社団法人大阪府薬剤師会 理事)
座長
千葉 一雅(一般社団法人兵庫県薬剤師会 理事)
O1-1
在宅において持続点滴を使用した疼痛管理
~ベストサポーティブケアにおける薬剤師の役割~
西脇 直美(にしわき薬局 しん町店)
O1-2
COVID-19流行下において在宅緩和ケアを実施した1症例
安孫子 眞紀(有限会社メディテック オリーブ薬局)
O1-3
薬薬連携の重要性が考えられた一症例
上田 早紀(ツカザキ病院 薬剤部)
O1-4
行政と取り組んだ川西市薬剤師会による積極的な「薬剤師訪問事業」の評価
川口 芳幸(川西市薬剤師会)

口頭発表②  11:00~12:00(60分)

第5会場

医療安全、プレアボイド、その他
座長
川野 義光(一般社団法人 京都府薬剤師会 理事)
座長
谷野 巧(一般社団法人 兵庫県薬剤師会 理事)
O2-1
住吉区薬剤師会青年委員会による
プレアボイド事例と薬剤師の取り組みについての検証報告
森 みづ穂(沢の町薬局)
O2-2
当薬局のプレアボイド集計により、見えてきた対人業務の形
下間 将光(みずほゆう薬局)
O2-3
大阪府薬剤師会会員薬局の新型コロナウイルス感染(疑い)等患者の
処方箋受付状況と感染拡大防止対応についての調査及び結果の考察
羽尻 昌功(大阪府薬剤師会)
O2-4
ワクチンの希釈業務から筋肉注射にむけて、和歌山県薬剤師会の取り組み
大桑 邦稔((一社)和歌山県薬剤師会)

共催セミナー

共催セミナー①  12:30~13:30(60分)

第2会場

肝細胞癌の最近の話題
座 長
福井 由美子(兵庫県立加古川医療センター 薬剤部長)
講 師
多田 俊史(姫路赤十字病院 内科 肝臓内科部長)
共 催
中外製薬株式会社

共催セミナー②  12:30~13:30(60分)

第3会場

在宅業務を加速させるチームづくりと業務効率化のコツ
座 長
岡田 到(ソラミチシステム マネージャー)
講 師
馬庭 瑞枝(白男川薬局 取締役)
共 催
株式会社ソラミチシステム

共催セミナー③  12:30~13:30(60分)

第4会場

多様性の時代における希少疾患診療~ファブリー病とムコ多糖症の最新治療を例に~
座 長
野津 寛大(神戸大学大学院医学研究科 内科系講座小児科学分野 教授)
講 師
瀬戸 俊之(大阪市立大学大学院医学研究科 臨床遺伝学 准教授)
共 催
JCRファーマ株式会社

共催セミナー④  12:30~13:30(60分)

第1会場

RA治療の変遷とバイオシミラー
座 長
室井 延之(神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部部長)
講 師
松原 司(松原メイフラワー病院 院長)
共 催
ヴィアトリス製薬株式会社

共催セミナー⑤  12:30~13:30(60分)

第6会場

がん薬物療法におけるポリファーマシーと薬剤師による対策
座 長
矢野 育子(神戸大学医学部附属病院 薬剤部 薬剤部長・教授)
講 師
木村 丈司(神戸大学医学部附属病院 薬剤部 主任)
講 師
丹田 雅明(神戸大学医学部附属病院 薬剤部 主任)
共 催
日本化薬株式会社

共催セミナー⑥  12:30~13:30(60分)

第5会場

当院整形外科が診療する骨転移について~骨折の予防や痛みの治療がポイント~
座 長
小野 達也(医療法人 IHI播磨病院 理事兼診療技術部長)
講 師
阪上 彰彦(姫路赤十字病院 整形外科 部長)
共 催
第一三共株式会社